ミノキシジル不使用の育毛剤

皆さんはリアップという育毛剤はご存じでしょうか?その中にミノキシジルという成分が入っており、これが育毛に効果があります。そんなミノキシジルにもある程度副作用がありますので、気になる方はミノキシジルが含まれていない育毛剤を使用しましょう。

子供原因の若ハゲにミノキシジル配合ラボモ有効か

10代や20代を中心に広がっている若ハゲは、若年性脱毛症とも呼ばれ、大人のハゲの原因と違った子供原因が存在します。考えられる子供原因には、主にストレスや食生活の乱れ、寝不足などの原因によって起こり、遺伝や男性ホルモンの影響も受けて起こるケースもあります。

ただ生活習慣を改善するだけで治るケースも見られる特徴もあります。なお子供原因である若ハゲについても、大人のハゲと同じ様にミノキシジル配合の育毛剤が有効かについては、当然、有効となります。

その理由としては、ミノキシジルの成分は毛髪の細胞増殖因子の増加を促すことが出来るため、若ハゲでも細胞増殖が阻害されているケースが多いので、それを活性化させることが出来るからです。具体的には、ミノキシジルが毛乳頭細胞に働きかけてアデノシンを分泌させることで、細胞増殖因子を増加させます。

細胞増殖因子が活性化すると脱毛が改善され、毛髪が生えやすくなります。一方、若い世代を中心に支持されている育毛シャンプーとしては、ラボモが存在します。

ラボモはスカルプアロマシャンプーであり、育毛をテーマにしたシャンプーとなります。ラボモはスカルプシャンプーですが、その成分の一つにグリチルリチン酸という成分が存在します。

その成分は、漢方における甘草に含まれている成分で頭皮の殺菌作用が働き、細菌による炎症を防いでくれる成分となります。つまり頭皮環境の酸化を防ぎ、皮脂などによる毛穴のつまりなどにも有効に作用する成分です。

なおラボモにカラギーナンという成分も含まれており、これは育毛活性作用もあるため、前者のグリチルリチン酸と共に、頭皮環境を整えつつ育毛できるとして若ハゲにも有効となります。

子供原因の若ハゲには、まず生活習慣の見直しから始め、その後にミノキシジル配合育毛剤やラボモなどを用いることで、脱毛症を改善していくことが望ましいです。