ミノキシジル不使用の育毛剤

皆さんはリアップという育毛剤はご存じでしょうか?その中にミノキシジルという成分が入っており、これが育毛に効果があります。そんなミノキシジルにもある程度副作用がありますので、気になる方はミノキシジルが含まれていない育毛剤を使用しましょう。

AGAに効くミノキシジルとイソフラボン

AGAに効く有効な成分としてミノキシジルやイソフラボンが知られています。ミノキシジルは血管を広げて血流を促進させるために作られた成分の一つですが、頭皮にも効くことがわかってきて育毛剤の中に取り入れられるようになっています。しかし、元々育毛剤として使用するために作られたものではないので、正しい使用方法を守らないと副作用を起こす原因になります。ミノキシジルを使うと血の循環がよくなり、頭皮の血管の流れが改善され、髪の毛を作る栄養が届きやすくなる効果があります。栄養が届くことで発毛につながったという結果が数多くあります。イソフラボンは大豆に含まれるもので、植物性ポリフェノールの一種です。これが体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをします。この女性ホルモンは更年期障害などを予防するとともに髪の毛の成長を促進する働きも担っています。この働きによって男性ホルモンが抑制されるので髪の毛が生えやすいと言われています。また、イソフラボンには細胞を増殖させる成分が入っていて、発毛組織の毛母細胞の細胞分裂を促す成長因子を増加させる効果があります。ミノキシジルは成長因子を刺激して髪の毛を生やすタイプの成分ですが、イソフラボンもこれと同じタイプの成分だと言えます。納豆などの大豆製品を毎日、摂取することで産毛が濃くなったなどのケースがあります。ただし、大豆イソフラボンの成長因子の活性によって、毛髪以外の毛も若干太くなることがあります。大豆イソフラボンは植物由来のものなので、肌が弱い方でも安心して使用することができます。化学成分が多く配合された育毛剤を使用して頭皮が荒れてしまったという方などもいますが、発毛に効く育毛剤で体に優しい成分が配合されているものを探している人に適しています。